フラット35沖縄ではどうなの?

フラット35の沖縄での経過措置についてまとめてみましょう。沖縄県では沖縄公庫金融支援機構が融資のサポートを行ってきました。このため、沖縄公庫融資を受けて竣工した建物は、フラット35の物件検査を省略できる場合があります。平成3月31日までに、沖縄公庫融資の審査に合格した住宅については、「竣工時現場審査合格書(写)」を提出することで建築物の水準が証明されるのです。これはマンション購入の場合にも言えることです。沖縄では県内の活性化を支援する沖縄振興開発金融公庫があります。2022年をめどに日本政策金融公庫に統合される予定です。フラット35の利用以前に住宅の資金融資を行っていた実績がある公庫なのです。そのため経過措置が設けられています

フラット35Sエコ金利優遇の条件は?【省エネシュミレーション!】
フラット35Sエコの金利引き下げについてのポイントをご紹介します。フラット35Sの金利を比較しておすすめの銀行をご紹介するランキングも必見です。
www.eco-jutakuloan-kinri.com/