無添加の白髪染めは染まらずに白髪が増えるって嘘なの?

白髪染めについて、気になることを聞きました。
「白髪染めをすると白髪が増えるらしい」これは友達から聞いたのですが、一体どこから出てきた情報なのでしょうか...。
うちの母親にこのことを話したら、母親も聞いたことがあるということでした。
世の中にはいろいろと迷信がありますが、これもおそらく迷信の類だとは思います。
でも、どうしてこういう風に言われるようになったのでしょうか?少し乱暴かもしれませんが、髪の毛にはもともと色がついていません。
毛根にあるメラニン色素を生産する細胞が髪の毛を黒く着色する働きをしています。
それで、生えてきたときには黒い髪になっているわけです。
しかし、このメラニン色素を作る細胞が何らかの原因で働かなくなってしまったり、死んでしまったりすると、そこの髪の毛は黒く着色されず、白髪として生えてくるわけです。
ほとんどの場合、白髪の本数は徐々に増えていきます。
ここが多くの迷信で見落としているポイントだと思います。
似たような話に、白髪を抜くと白髪が増えるという話があります。
しかし、実際には抜いたから増えているわけではなく、もともと増えるべくして白髪が増えているだけなのです。
白髪染めの話に戻しましょう。
白髪染めをしている方の多くは、定期的に白髪染めを行います。
白髪が目立ってくる前に白髪染めをすることにより、いつも綺麗な黒髪でいることができるのです。
しかし、そのおかげで実際の白髪がどれだけ増えているのか気づかないまま過ごしている場合も多いと思うのです。
友人の話ですが、その友人は軽いゴマ塩程度の白髪の状態から、白髪染めを始めました。
それから、数年間はずっと黒髪だったので、特に何も気になることはなかったのです。
しかし、ある日その友人は白髪染めをするのをやめました。
面倒臭くなったからだそうです。
するとどうでしょう。
1ヶ月も会わないうちに髪の毛はみるみる白くなり、白髪染めが完全に抜けたころには、半分以上白髪の状態になっていました。
これを、白髪染めをしていたから増えた、ということも出来なくはありません。
しかし、実際は白髪染めを使っていなかったとしても、徐々に白髪が増え続けていたのだと思います。
白髪染めの薬剤が毛根にダメージを与え、白髪が増えたということもありえなくはないかもしれませんが、その友達は「ヘナ」を使っていたので、余計に考えにくいかなあと。
それにしても、いきなりその変わり様を見せられた僕はショックでした(笑)
無添加白髪染めは染まらない?色落ちしちゃうってホント?