プロバイダを変更したのですが失敗だったと思います

プロバイダの料金が今より安くなるといわれて、今のプロバイダを契約したのですが、失敗したなと思っています。
確かに、値段はかなりお買い得でした。
でも、頻繁にネット接続の不具合が起こったり、回線速度が低下してしまったりで、今のプロバイダはストレスが溜まるのです。
安易にプロバイダ変更をしてしまったなと、後悔がやってきました。
あまり有名ではないワイモバイルの場合、解約時にかかる解約金を安い料金にしたり、契約期間を縮めたりしてお試しの期間を設けるようにすれば、契約する数が増えていくと考えられます。
安い料金に魅力を感じても、1年以上の契約の期間があっては、契約にはなかなか踏み出せないものです。
イーモバイルを使っていてそのうちにワイモバイルに変わっていました。
しかし、ワイモバイルになってから、ソフトバンクのwifiスポットサービスが使用可能になりました。
光から光乗り換える理由として多いのは、現在の月料金より低額になったり、キャンペーンがお得だったり、スマホの料金などとパックで払うことで割引になることがあるからです。
使い具合としては、ワイモバイルに変更してからの方がいいと感じます。
通話をほとんど使わず、ネット中心に使用している方にはレコメンドできます。
光乗り換える時には、自分が暮らしている地域が光回線を利用できるエリアなのか一番に調べる必要があります。
インターネットを用いる時に、契約したプロバイダによって通信スピードは変化してくると思われます。
プロバイダの良し悪しを判断するというのは、不可能に近いというのが実情と感じます。
ネットのレビューを見て判断するしかないので、わたしは顧客満足度ナンバーワンと謳っているプロバイダを使っているのが現状です。